テレワーク推進

コロナウイルスによって企業活動に様々な変化が訪れています緊急事態宣言により在宅勤務もしくは自宅待機を行った事業所も多くあります。しかし、ノウハウの不足、さらには予算の不足からテレワークを推進できない事業所も多くあります。

アナナスでは、テレワークの導入を迷っている企業様のお手伝いをいたします。

弊社では自社・他社サービス導入ありきのご提案はいたしません

多くのコンサルティングでは、自社サービスの売り込みが中心になり、御社の課題にどのようにしてサービスを適合させるかに重点が置かれてしまいます。

弊社では、まず通常業務の確認を行い業務の手順単位でテレワーク化の可否を点検します。
これは業務分析に多くの時間を費やすことになりますが、この確認によって御社の課題も見え、何をテレワーク化すればよいか各担当者にも明確に理解できるようになります。

すぐにテレワークをはじめたい場合は、単純にデータの共有方法からご提案することになります。
ただし、後述のようにテレワークありきで既存業務を分割、テレワークできそうな業務だけを行うと様々な弊害が発生します。

御社の成長を見込んだテレワークを目指すために、業務分析から取り組むべきです。

既存業務を切り出してのテレワーク化はおすすめしません

既存業務を部分的にテレワーク化する対応は、今まで社内で一連の「流れ」として行ってきた業務を分断することになり業務効率が落ちる可能性が高いです。

弊社では業務内容を確認の上、テレワークにあった業務手順に変更した上でテレワークできるようにします。

多くの一般事務では、専用のシステムを導入する必要はありません。

もしシステム導入が必要であれば、そのサービスの導入によって業務効率がテレワーク前よりも上がっていなければ意味がありません。
単純に必要な資料を全て持ち帰り、今まで通り紙ベースで業務を行ってもテレワークです。まずは、何が必要か担当者を交えて検討する事が重要です。

お客さまと一緒にテレワーク化を進めます

弊社では中小企業のコンサルティングを多く行ってきた経験から、中小企業向けの業務改善につながるテレワーク化を従業員の方と一緒に進めます。

テレワーク化にはいろいろな障害か確かに存在します。しかし、今回のコロナウイルスによる生活様式の変化に対応しなければ、将来的な成長が阻まれてしまいます。

まずは、何ができるか一緒にご確認できれば幸いです。

お客さまの事業内容によって、様々な対応方法があります。場合によっては、テレワーク化ができない可能性もあり、それを無理にテレワークへ移行することは人的資源の無駄と考えています。

事業成長につながり、新しい業務形態を見つけ従業員の負担も減らせる取り組みが重要です。

お客さまの事務内容によって異なるため一概にお見積もりをご提示できません。
おおよそ、2~3か月間のコンサルティングになり、小規模事業者であれば40~60万円程度の費用と思われます。

詳細については、下記のアイコンからお問い合わせください。

弊社では特定のサービス(ウェブシステムなど)の導入を斡旋しません。このため、費用には導入が必要なサービスの費用が含まれませんのでご注意ください。

なお、原則としてウェブ上で利用できるグループウェアを活用した安価な業務フローの構築を目指し、専用のシステム導入は大幅な業務改善が見込めない限りおすすめしていません。

新しい生活様式

このサイトでは Cookie を利用しています。サイトを閲覧する場合は Cookie の利用に同意したものとみなされます。個人情報保護方針等については、個人情報保護方針 をご確認ください。